私の場所

私の場所(父から受け継いだ話)

 

私の生家は大工棟梁四代目です。 幼いころから作業場の木の香りは身近なものとして育ちました。

祖父の代のころは、古材をうまく利用したり、無駄のない仕事が当たり前になっていました。

構造においても、まず、頑丈に組み上げるのが基本でした。

それは、雪の重み、台風や地震などによって、自分が手がけた建物が、飛ばされたり倒れたりすることは、

「職人として恥である」という誇りを強く持っていたからです。

また、冬場、雪で外仕事ができない時期には、凝った組子の建具を作ったりしました。

夏場に手がける建物にそれを使って建て込むのです。

 

当時は、大工職人として、「絵心」を身に付けるための手習いを受けたりしました。

今でいうなら、バランス感覚を養うためのものでもありました。

(当時手本とした 雄龍・雌龍 の対の墨絵は今も私の手元にありますが、とても迫力のあるものです。)

 

初代の租祖父は、家の中でも、立ち振る舞いに厳しかったと聞きました。

それは、そのころの大工は、朝早くから現場に通いこみ、建主方での振る舞いを頂きながら暗くなるまで作業にあたることも多く、そして「大工さま」と呼ばれるのですが、それにふさわしい身づまいを心がけていなければならないといった厳しさをもっていたからでした。

 

その租祖父は、宮大工の棟梁に弟子入りして十年、さらにお礼奉公の後、独り立ちしました。

 

そして今、私自身は、大工職人ではなく設計を生業にしていますが、職人であった先代の心を、どこかに受け継ぎながら、設計に向かい合っている気がしています。また、その繋がりのなかで手本とすべきことは、これからも大切に受け継いでいきたいと思っています。

 

雄龍の絵雌龍の絵