コラム

 

コラム記事: はじめに / 終の棲家としての住宅

 

はじめに

 

ようこそ、吉田設計+アトリエ・アジュールのホームページへ。

お訪ねいただき どうもありがとうございます。

 

さて、このコラムでは、事務所の建築についての思いや考え方、その時、折々の雑感などを綴って行きたいと思っています。

 

今は多くの分野が変革の時を迎えているように思います。

多分に、これまでのいろいろな価値観が問い直されてゆくのではないかと思います。人と人との結びつきや、思いやりといったことがとても大切な意識となって行くように思います。

元々が繋がりあい連鎖して成り立つ世界の姿への原点に立ち返り、それぞれの結びつきをもっと暖かなものに変えて行かなければいけないと感じます。

 

建築の構造もまた結びつきとバランスで成り立ちます。

また、自然との関連性と周囲との関係を大切に考えなくてはなりません。

 

大きな転換の時は、これまでにない良い智慧も必ず立ち顕われてきます。

一人一人のつながりや、他の分野から、きっと明るい兆しは見えてくると思います。

 

私自身も、これからこうした意識を強く深くしながら前向きに生きたいと考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。

また、個人のブログ(楽思居-らしい建築 http://nao55.exblog.jp/)もありますので、合わせてよろしくお願いいたします。

 

▲ PAGE TOPに戻る

 

終の棲家としての住宅

 

住宅を建てることは一生のうちで最も高価な買い物と言われています。

大抵の方は、一生そこに住むために と考えて計画や設計をしていると思います。

ところが、せっかく苦労して建てた住宅に一生の間、暮らし続けているのかというと、実際はそうだとは言えない現実のようです。 最後に医療機関(病院や施設など)で亡くなる割合が日本では8割なのだそうです。 (ちなみにアメリカでは約5割)ある時期からは介護施設などに入ってしまい自分の家で過ごさなくなる方も相当多いのが現実のようです。ところが、最後はどこで生活していたいですか?と問われると、「自分の家、あるいは子供と一緒の場所がいい」と答える人がこれも8割なのだそうです。

日本では介護についての対応が本当はあまり進んでいるとは言えない状況です。自宅から施設へあるいは施設から最後は病院へとなる場合が実際多いのですね。

 

高齢化が急速に進んでいる現在、家族の有り様や介護の問題を考えると、今の住宅計画そのものが、現在の社会状況について対応しているのだろうかと疑問に感じています。

 

また、介護については、いろいろと問題があり、家族による介護がかえって家族を追い込んでしまうという問題も起きていますから、設計あるいは建築サイドのノウハウやハード対応だけでは対処しきれない問題も今の住宅は抱え込んでいます。

(高齢者が転んで怪我をしたりする事故の6割が住宅の中という現実もあり、それが介護の原因となっている場合もあるので、設計・建築側の対処ももちろん必要です。)

 

私はそうした社会状況に添って住宅設計の有り方を考え直さなければならない時期にきていると考えています。 そして、家族、あるいは一人暮らしの方、またはご夫婦、お年寄りの方、それぞれが「終の棲家」として最後まで住みこなす為の住宅づくりがより重要となっていると感じています。

 

人と人との身近な関わり合いや、人を育む場所が家・住宅でもあります。また、その人らしく生活して行く為の場所が家です。その意味からも、家族や、実際に住み生活する人の将来にわたって生活スタイルを守り支えるための住宅をどう考えるかが、益々大切なことになると予想しています。

 

私は今、こうしたことについて、設計段階から対処するプロジェクト提案を検討しています。それについては、建築設計以外の知識や情報、また他の分野との連携も必須となっています。

 

「終の棲家となる住宅・住まい方」とは、 孤独感や、不安なく、その人らしい生活ができること。さらに身近に人同士の親しさがある中で、自立した生活を送ることができること。 プロジェクトではそれを満たす為の設計提案を検討しています。

 

コラムをご覧の皆さんで、家族との暮らし方、ご自分のこれからの生活について、あれこれと悩んだり、考えておられる方がいらっしゃると思います。その内容をお聞かせください。

参考となるアドバイスを差し上げることができるかもしれません。また、私も参考として今後の設計に活かしたいと考えております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 > ~らしいの家 STYLE~

▲ PAGE TOPに戻る